WB工法の理由

理由

大工だから

「木造建築の素晴らしさ」を知っています。

今まで、木造建築は日本の風土に育てられ、土壁・柱・畳など天然の素材によって

日本の四季から家族を守ってきました。

 

天然素材の家は

夏場はひんやり気持ちいいのですが、

冬場も寒いままで家が暖まりにくいものでした。

それは、日本の気候「高温多湿」から、住宅と家族の健康を守るために

湿気と熱気がこもらない家をつくってきたからです。

 

• 湿度と熱気がこもる →  蒸れ・カビ・結露の発生 → 建築材寿命の低下

• 空気の流れ → 湿度と熱気がこもらない → 室内が暖まりにくい

 

 

それを解決してくれるのが

進化した在来工法である 「通気断熱WB工法」 でした。

     通気・・・・・夏の過ごしやすさを

     断熱・・・・・冬の暖かさを

     W・・・・・・・ダブル(空気と湿気)

     B・・・・・・・ブレス(呼吸)

①夏は通気性がよく熱がこもらないのです。

②冬は断熱性がよく暖かいのです。

③年間を通じて透湿性がよく空気がきれいなのです。

 

 

 

本当に大事なこと

髪型を変えるように、家族のかたちにあわせて家をリフォームすることは簡単です。

しかし、家の工法は「体そのもの」で、後から骨を強くするのも代謝をよくするのも非常に大変なのです。

家の健康・家族の幸せを考えるのなら、通気断熱WB工法をオススメします。

WB工法とは

壁の中の通気性

通気口から入った空気は床下のひんやりした

空気と混ざって壁の中を上昇します。

この自然なくうきの流れが焼け込みの熱を緩和し

無駄な湿気を一掃する仕組みです。

壁の中を空気が流れることで室内には熱気の影響を

受けにくい快適な空間になります。

気密性と断熱性

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて

冷たい空気の侵入を防ぎます。

壁の中の空気を動きにくくすることで室内暖房の

熱が逃げにくくなります。

夏の通気性とは一変

冬は気密性が高い状態になります。

湿気を通す壁

室内の有害な科学物質や生活臭は湿気とともに

透湿性の壁を通過して屋外へ排出されます。

機械による室内換気をしなくても室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます。

余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。

室内は常にクリーンな空気で保たれます。

WB通信

pdf WB通信 (3.34MB)

2016 WB通信(冬号) 創刊号を御紹介いたします。

あたりまえの心地よさを求める皆さま

ぜひ、御一読ください。

じっくり体験

長野県須坂市に 通気断熱WB工法 総合体験施設 「ワンダー・ベース」があります。

 ・さまざまな工法の模型

 ・実際に体感できる比較体験室

 ・宿泊ができるモデルハウス

など、家を建てるときに知っておきたい住環境のことが まるごとわかる施設です。

全国に建てられているWB工法ですが、開発されたのは長野県です。おかげで、こんなに近くに「ワンダー・ベース」ができました。

「百聞は一見にしかず」 せっかくですから、足を運んでみてください。

長野まで御案内することも可能です。電話にて御相談ください。

 

 

WB工法体験

 

 

1