WB工法の理由

WB工法とは

気密性と断熱性

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて

冷たい空気の侵入を防ぎます。

壁の中の空気を動きにくくすることで室内暖房の

熱が逃げにくくなります。

夏の通気性とは一変

冬は気密性が高い状態になります。