WB工法の理由

理由

大工だから

「木造建築の素晴らしさ」を知っています。

今まで、木造建築は日本の風土に育てられ、土壁・柱・畳など天然の素材によって

日本の四季から家族を守ってきました。

 

天然素材の家は

夏場はひんやり気持ちいいのですが、

冬場も寒いままで家が暖まりにくいものでした。

それは、日本の気候「高温多湿」から、住宅と家族の健康を守るために

湿気と熱気がこもらない家をつくってきたからです。

 

• 湿度と熱気がこもる →  蒸れ・カビ・結露の発生 → 建築材寿命の低下

• 空気の流れ → 湿度と熱気がこもらない → 室内が暖まりにくい

 

 

それを解決してくれるのが

進化した在来工法である 「通気断熱WB工法」 でした。

     通気・・・・・夏の過ごしやすさを

     断熱・・・・・冬の暖かさを

     W・・・・・・・ダブル(空気と湿気)

     B・・・・・・・ブレス(呼吸)

①夏は通気性がよく熱がこもらないのです。

②冬は断熱性がよく暖かいのです。

③年間を通じて透湿性がよく空気がきれいなのです。

 

 

 

本当に大事なこと

髪型を変えるように、家族のかたちにあわせて家をリフォームすることは簡単です。

しかし、家の工法は「体そのもの」で、後から骨を強くするのも代謝をよくするのも非常に大変なのです。

家の健康・家族の幸せを考えるのなら、通気断熱WB工法をオススメします。

1